Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://uranaigeinou.blog20.fc2.com/tb.php/2-736fb7d1

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

十干と十二支

四柱推命の説明をするに当たり、最も基本的なことのみ解説します。

それは「十干(じっかん)」と「十二支(じゅうにし)」です。
十干(じっかん)は、甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸の10の要素の順列です。

これは何かというと、
「五行」という、
古代中国に端を発する自然哲学の思想があり、その中では
万物は木・火・土・金・水の5種類の元素から成るといわれています。
同時に
「陰陽」という、
五行と同じく古代中国の思想に端を発し、森羅万象、宇宙のありとあらゆる事物をさまざまな観点から陰(いん)と陽(よう)の二つに分類する考えが基になっています。

つまり
五行の1つである「木」の「陽」、「木」の「陰」
「火」の「陽」、「火」の「陰」…

ということで十干となります。
私たちには生まれながらにしてこれらのいくつかを持っているという思想があります。

詳しくは
wikipedia
を参考にしてください。

また、
十二支は
子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥の総称です。
十二支はよく聞くことがあるかと思います。



四柱推命では生まれた年・月・日・時間それぞれに、
上の「十干」と「十二支」を組み合わせたものを当てはめ、調べることによって
性格、運の流れを考察します。


ちなみに
十干と十二支を組み合わせたものを干支と呼びます。
これは、60の周期となるので六十干支とも呼ばれます。

60歳になると還暦としてお祝いがあります。
これはこの六十干支が基になっています。
その他にも四柱推命が基になっている物事が日本にはたくさんあります。


干支に関して興味のあるかたは
wikipedia
をご覧ください。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://uranaigeinou.blog20.fc2.com/tb.php/2-736fb7d1

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

人気ページランキング

ブログパーツ

免責事項

当サイトは記事等を個人で楽しむ目的で運営しておりますが、その著作権は引用元にあります。また、サイトの閲覧、リンク先のご利用は自己責任で行っていただきますようお願いいたします。万が一不適切な記事、リンク等がありましたら早急に対応いたしますので、恐れ入りますがご連絡をお願い致します。

メッセージを送る

ご意見・ご要望・ネタ提供
相互リンク・相互RSSのご依頼
なんでもどうぞ☆

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。